日記

1/160ページ

ご家族のつどい@9月のお知らせ

公益財団法人住吉偕成会住吉病院では、2019年より統合失調症等の精神疾患をお持ちの方のご家族の皆さまに向けて毎月第2土曜日を「ご家族の日」としており、学び合いの場をご提供しております。 サポートハウスとびらのブログからのお知らせです。https://supportobira.blogspot.com/2023/09/blog-post.html 住吉偕成会では、毎月1回、精神疾患をお持ちの方のご家 […]

あおぞら会@9月のお知らせ

住吉病院では、かねてよりアルコール依存症をお持ちの方のご家族向けの「家族会」をアルコールセンターで開催してまいりましたが、2019年より統合失調症をはじめとした精神の病いををお持ちの方のご家族の皆さまに向けて毎月第2土曜日を「ご家族の日」としており、午前中は疾患・治療・制度等に関する情報提供と話し合い、午後はより良いコミュニケーションを続けていくための学び合いの場をご提供しております。 午前中の「 […]

Prof. Harrow を惜しむ

弊ブログでもご紹介したことのある、抗精神病薬の無期限な投与に対する批判的研究であるシカゴ・スタディを率いておられた、イリノイ大学シカゴ校精神医学教室の特別名誉教授 Martin Harrow 先生が亡くなられたことを知りました。 弊ブログでの記事は次の通りです「抗精神病薬の長期投与と就労機能」⇒https://sumiyoshi-kaisei.jp/blog/2017/07/20/blog-169 […]

リカバリーカレッジたちかわオープンキャンパスのお知らせ

 東京の西側で、ステキなメンタルヘルスの活動をしている「リカバリーカレッジたちかわ」様が、きたる8月19日(土)にオープンキャンパス2023夏を開催されます。  リカバリーカレッジは2009年頃からイギリスで行われている取り組みで、メンタルヘルスやウェルビーイングを「テーマとして、さまざまな人々が背景や障害の有無などに関係なく、ともに「学生」として学びあう場だそうです。立川の人たちがイギリスでの試 […]

Consumer Operated Services (COS)とは

 住吉偕成会では、精神的困難を経験したり、精神保健福祉サービスの利用経験のあるスタッフが働いています。が、私たちの中には「ピアサポーター」として仕事をしている人はいません。専門的な資格を持っている場合も、そうでない場合もありますが、みんなそれぞれのピアサポートを、自分の働き場所で周りの人との関係性の中で行っています。  英語の Peer ピアという単語には「障がい者」とか「当事者」という意味はあり […]

ビペリデンの等出荷停止に関して

日本精神神経学会ホームページでも報告されていますが、抗パーキンソン薬として抗精神病薬誘発のパーキンソニズムに処方されてきた抗コリン作用を持つ薬である、”ビペリデン塩酸塩錠 1mg”が、原薬を製造している海外の製造所にて、コロナ禍に関連して当該国当局から別製品供給優先の要請があったため、原薬を製造できなくなったそうです。そのため、製薬会社からは在庫消尽をもって当面の間、出荷停止となり、出荷再開時期は […]

精神科医のイメージと能力に関する調査報告【続報】

やきつべの径診療所の夏苅郁子先生たちが精神神経学雑誌に論文を掲載されてから5年が経ちました。 夏苅郁子ほか」精神科担当医の診察態度」を患者・家族はどのように評価しているか―約6,000人の調査結果とそれに基づく提言。精神神経学雑誌 120: 868-886, 2018抄録はこちらからご覧になれます。⇒https://journal.jspn.or.jp/Disp?style=ofull&v […]

疾患中心モデルと薬剤中心モデル

https://sumiyoshi-kaisei.jp/blog/2023/07/20/post-74786/ の弊ブログでもご紹介しましたが、来る8月5日(土)にJ.Moncrieff教授の来日シンポジウムを聴講するにあたって、事前学習をしました。 J. Moncrieff:Research on a ‘drug-centred’ approach to psychiatric drug tre […]

『 One Health から始まるアニマルセラピー 』報告会のお知らせ

 今年5 月中旬 に 、 アメリカデンバー大学のアニマルセラピーの権威である Philip Tedeschi教授を山梨県に招聘し 、お話をうかがいました 。 Philip Tedeschi 教授 のお話の内容と招聘時にいただいた資料について 皆さまと共有したいと考え、主催/NPO法人ゲートウェイみらい、共催/公益財団法人 住吉偕成会として、この度、オンラインで報告会を開催するはこびとなりました。 […]

1 160