創立記念日によせて

院長あいさつ  令和4年11月16日  猛威をふるい続けている新型コロナウィルスはいったん勢いを減じたかに見えていましたが、ここ数日は感染者数の増加がみられ、またしても第8波の到来といわれています。今病と闘い、また、後遺症に苦しんでおられる方々、そしてコロナ禍において生活やお仕事に影響を受けておられるすべての方に心よりお見舞い申し上げますとともに、皆さまのご回復をお祈り申し上げます。  住吉偕成会 […]

【読書感想文】精神科の薬について知っておいてほしいこと(その1)

J・モンクリフ著:石原孝二・村上純一・高木俊介・岡田愛訳「精神科の薬について知っておいて欲しいこと」日本評論社、を読んでいます。 この本は前評判が高く、ぜひ読みたいと思ってAmazonで自分で購入しており、読んでいきたいと思っていた本ですが、思いがけず訳者の方よりご恵贈いただきましたので拝読しました。モンクリフは向精神薬の過剰・不適切な投与に関して論文を書き、常々警鐘を鳴らしていた方ですが、今般一 […]

稲刈りと脱穀のお知らせ

サポートハウスとびらからのお知らせを転載します。 サポートハウスとびらで進めてきた米作りですが、この度、稲刈りをして約二週間天日干ししたあと、脱穀を行います。  「自然豊かな北杜市長坂町の田んぼで秋の風を感じてみませんか?ご一緒いただける方は、参加人数を把握する必要がありますので、サポートハウスとびらへ事前にお申込みください。お待ちしております。」とのことでした。 日時:【稲刈り】令和4年11月3 […]

ゼロから始める就労支援ガイドブック

芳賀 大輔、金川 善衛、稲富 宏之編「ゼロから始める就労支援ガイドブック」MEDICAL VIEW社を読む機会をいただきました。 障害者の就労支援現場に携わる全スタッフ必読の一冊」と帯書きになる通り、実践家・研究者, 医師, 作業療法士, 雇用事業主など, 業界の第一線で活躍する執筆陣による就労支援のプロセスや知識、具体的な支援方法等が集約された実践に役立つことを意識された本とまずは感じました。 […]

記念講演会のお知らせ

公益財団法人住吉偕成会では、このたび新理事長就任ならびに精神科薬物療法サポートセンター設立を記念して講演会を開催する運びとなりました。 日程は下記の通りです。皆様のご参加をお待ちしております。 日 時:令和4年7月27日(水)18時から19時 会 場:ZOOMによるWEB講演会 司会:中谷真樹 常務理事/住吉病院院長 挨 拶: 吉尾 隆 理事長/精神科薬物療法サポートセンター長 特別講演: 「国内 […]

倫理審査委員会委員を募集します

弊法人住吉病院では、病院における研究実施の可否について倫理審査委員会を随時開催して、研究に関する妥当性・倫理的配慮の合理性等について検討を行っています。 今般、審査委員に欠員が生じたため、公募を行うこととなりましたので、内容をお知らせします。 【募集】 住吉偕成会住吉病院倫理審査委員会委員 【人数】 1名 【内容】 住吉偕成会住吉病院においての研究実施の際、申請書などをもとに     研究の妥当性 […]

夏越の大祓

住吉神社では、毎年、夏季大祭(御田植神事)を控えた6月末にかけて、随神門の正面に茅の輪(ちのわ)という、茅草(かやくさ)で作られた大きな輪が設置されています。これは「夏越の祓」(なごしのはらえ)と呼ばれる、一年の折返しにあたる6月30日に各地の神社で行われる季節の行事の儀式に使われるものです。この年の前半の半年分の穢れを落とし、残りの半年の無病息災を祈願する儀式と聞いています。 夏越の祓では「茅の […]

LEAPスタッフ向け講習

月に1回、「ご家族のつどい」で学びを深めているLEAPアプローチですが、先日、弊病院スタッフ向けにLEAPのオンライン講習を行いました。今回はオンラインということで、実際の対話は行わずにLEAP概要について伝える形式となりました。アンケートをとりましたところ、以下のような感想が集まりました。 ・LEAPは今後患者様と関わる中で実践していきたい・患者様の言葉を繰り返すことは重要であると感じた・実践し […]

世界ベンゾ注意喚起の日

厚生労働省がベンゾジアゼピン系薬の使用に警鐘を鳴らして以来、少しずつ処方に対して考える人が増えているような気がしますが、ユーザー視点からこの問題を指摘し、毎年7月11日を「世界ベンゾ注意喚起の日」としてベンゾジアゼピン系薬の依存性について普及啓発などのソーシャルアクションを起こそうという呼びかけがあります。 世界ベンゾ注意喚起の日ホームページ→抗不安薬や睡眠薬としてよく処方されるベンゾジアゼピン系 […]

御領棚田のろうそく祭り

山梨県甲斐市敷島亀沢と吉沢にあり南アルプスと甲府盆地を一望することのできる場所にある棚田は、今から440年ほど前、天正11年(1583年)に徳川家康より天沢寺に賜った「御朱印」を受けて急斜面の地帯を開発した歴史を持つため「御領」の棚田と呼ばれています。面積が広がったのは第二次大戦直後の入植者の開拓事業によるといわれますが、かつては1000枚以上あり関東随一の景観といわれたこともありましたが、199 […]

1 157