山梨県甲府市の精神科 住吉病院

〒400-0851山梨県甲府市住吉4-10-32 代表電話055-235-1521
HOME 交通・地図 求人情報 理事長挨拶 法人概要・沿革等 ご利用手続き よくあるご質問 お問合せ ご寄附のお願い

すみよし生活支援センター
(地域活動支援センターⅠ型事業 他)
ハピアすみよし
(自立訓練【生活訓練】事業・グループホーム・ショートステイ)
すみよし作業センター
(就労移行支援事業・就労継続支援B型事業)

ひまわり荘・すみれ荘・さくら荘
(共同生活援助事業・グループホーム)

すみよし障がい者就業・生活支援センター
(障害者就業・生活支援センター)
ぱれっと
(ベーカリーカフェ)
キャンバス
(売店実地訓練)
ハイツアオノ
(住居事業)



部 署 紹 介
薬局 臨床検査 栄養管理室
作業療法室 医療相談室 臨床心理室
看護部
ケアセンター レク療法室
看護部の取り組み
外来 地域支援室の紹介 1病棟の紹介
3病棟の紹介 5棟の紹介 アルコールセンター紹介

看護部

看護部の取り組み

私たち看護部は、「HEART・fullメッセージ2008」 を基本的な考え方として、ご利用者一人一人を大切にしながら、より質の高い医療や看護の提供を目指して、日々努力を重ねています。
――「HEART・fullメッセージ2008」――
 私達は すべての人への人間愛の精神を大切に
ぬくもりあり医療福祉をもって 社会に貢献します

看護部の理念
ご利用者の思いを尊重し、親切で信頼される看護を行います。
笑顔とチームワークで、安全・快適な場をつくります。
ご利用者に安心していただけるよう、精神科の専門職として、必要な技術・看護を実践します。
地域社会に根ざした、継続した看護を行います。

看護の概要(H28.10.1現在)
全職員数 
279名
うち看護部
166名(部長含)
看護師
70名
准看護師
57名
看護助手
35名
その他
3名

看護体制、看護方法、看護記録
勤務体制 3交代制と2交代制
看護方式 機能別看護+受持制看護
看護体系 15:1  助手・・・・・30:1 (4病棟)
       精神科急性期治療病棟 (1病棟)
看護記録 フォーカスチャーティング
1つの病棟を2チームに分けて看護しています。それぞれのチームで受持の看護師中心にケースカンファレンスを実施、看護計画を立案し実践評価を展開しています。また、カンファレンスにはご利用者が参加する場合もあります。

病棟の特徴
【全病棟男女混合】
病棟名 特徴 病床数
1病棟
治療病棟
閉鎖病棟
68床 (保護室3床)・(観察室2床)
2病棟
慢性期生活訓練病棟
開放病棟
68床 (男性40名・女性27名) +ソフト保護室2床
3病棟
慢性期社会復帰病棟
開放病棟
70床 (男性47名・女性34名)
5病棟
老人・介護病棟
閉鎖病棟
55床 (保護室2床)(観察室6床)
アルコール
センター
精神科急性期治療病棟
(アルコール専門)
開放病棟
34床 (保護室2床)(観察室1床)

平成29年度 看護部 目標
精神科看護における知識・技術力を高め看護の質の向上を図る。
早期回復を目指し、地域や他職種との連携をとり看護展開をする。
医療安全に努め効率的・効果的な業務を実践する。
病棟運営を考え、病院経営に参画する。
接遇の向上。

平成29年度 看護教育計画
教育委員会方針 
自己啓発により看護者としての専門性を高め、人間性に富む看護を実践できる。

教育委員会の目標
自己の役割を認識し、業務に対する意欲が持てる。
専門的知識を共有することで学び深めることができる。

平成29年度 教育計画
研修名 内容
4月
前期新人看護職員研修パートⅠ
法律の変遷と看護倫理についての講義
接遇研修
看護倫理と接遇についての講義
5月
2年目研修
フォーカスチャーティングの記載方法についての講義
身辺な研修
講義「DARC」
6月
合同研修会
(救急蘇生)
救急蘇生法の基礎と心臓マッサージ・人工呼吸法 他
看護助手研修会
倫理について講義
7月
プリセプター研修会Ⅰ
現状報告と課題について
9月
後期新人看護職員研修パートⅠ
法律の変遷と看護倫理についての講義
中堅看護師研修
看護倫理とケアの振り返り
10月
合同研修会
(救急蘇生)
救急蘇生法の基礎と心臓マッサージ・人工呼吸法 他
11月
研修報告
本年度研修において深めた学びの共有
12月
後期新人看護職員研修パートⅡ
フォーカスチャーティングの記載方法についての講義
3月
プリセプター研修会Ⅱ
一年間の振り返りと今後の課題についてのディスカッション

入院のご案内
入院時のオリエンテーション
入院されるご利用者やご家族には、担当看護師より個別に入院中の日課や病棟の過ごし方、諸注意事項について説明いたします。ご心配やご不安、ご不明な点につきましては、お気軽にご相談ください。
各病棟では、利用される皆様が安心して入院生活が送れるように、それぞれの状態に必要な対応と生活について、援助いたします。
基本的に看護師とご利用者ご本人が回復に向けて一緒に目標をたて、退院に向けてケアしています。

入院に際しての必要物品
◆洗面用具・・・ハミガキ粉、ハブラシ、シャンプー、リンス、タオル 等
◆履き物・・・上ばき(スリッパ又はサンダル)、運動靴
◆おやつ・・・傷みにくい菓子(ガム、酒類は禁止)
◆プラスチック製のコップ
◆角ハンガー、洗剤(自分で洗濯をする方)
◆パジャマ(病衣は1日70円です)
・持ち物には、お名前を記入して下さい。
・化粧品はガラスビンではなく、プラスチックの容器を使用して下さい。
・カミソリ、ナイフ等は危険物として持ち込み禁止となっています。
・日用品、おやつ、飲み物、タバコ等は、売店でも購入することができます。

チーム医療の中心はご利用者です。

今も、これからも、ずっと、あなたを支えます


〒400-0851山梨県甲府市住吉4-10-32
公益財団法人 住吉偕成会
住吉病院
▼利用者権利憲章 ▼リンク ▼プライバシーポリシー ▼サイトマップ
Copyright(c) 公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院 All rights reserved. produced by FARO